×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Library: historymanager.js
Overview
スキン側でも履歴を管理してみようの巻。 コンテキストメニューもどきと連携させてみる
Constructors
Functions
HistoryManager.initialise()
履歴のデータを読み込み、現在開いているスレッドのデータを追加して保存します。
HistoryManager.load()
globalStorage から履歴のデータを読み込み eval() で評価します。結果は自動的に items プロパティに格納されます。
HistoryManager.escape(e)
eval() で評価するのに都合の悪い文字をエスケープします。
parameters
String e 文字列
returns
String エスケープされた文字列
HistoryManager.save()
globalStorage に履歴のデータを eval() で評価できる形で保存します。
HistoryManager.add(url, title)
履歴を追加します。保存件数を超えたものは古いものから削除されます。
parameters
String url URI
String title スレッドタイトル
HistoryManager.clear()
globalStorage から履歴のデータを削除します。
HistoryManager.getUrl(index)
履歴のデータから、指定されたインデックスの URI を取得します。
parameters
Number index インデックス
returns
String URI
HistoryManager.getThreadTitle(index)
履歴のデータから、指定されたインデックスのスレッドタイトルを取得します。
parameters
Number index インデックス
returns
String スレッドタイトル
HistoryManager.getBoardName(index)
履歴のデータから、指定されたインデックスの板の名称を取得します。
parameters
Number index インデックス
returns
String 板の名前
HistoryManager.getBoardUrl(index)
履歴のデータから、指定されたインデックスの板の URI を bbs2chreader 形式で取得します。
parameters
Number index インデックス
returns
String URI
HistoryManager.getContextMenuItems()
Objects
Object boardTable
板の ID と名称の対応テーブル
dump(boardTable["liveetv"]); //  "番組ch(NHK教育)"
HistoryManager
スキン側で独自に履歴を管理します。
Array HistoryManager.items
履歴のデータ
[
    ["http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/software/1188656807/", "bbs2chreader Part12"],
    ["http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1164625238/", "Mozillaでプログラミング(XUL) その3"],
    ["http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/f1/1181576414/", "アレックス・ヴルツ"]
]
Number HistoryManager.maxCount
履歴の最大保存件数
Generated by JsDoc Toolkit 1.3.0 on Mon, 01 Oct 2007 17:02:04 GMT