×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Library: popup.js
Overview
ポップアップを扱います。
Constructors
PopupItem(source, useFade, hideOnHover)
ポップアップの要素を作成し、その情報を保持します。
parameters
element source ポップアップとして表示する要素
Boolean useFade? フェードアウトを有効にするかどうか
Boolean hideOnHover? ポップアップ上でホバーしたときに非表示にするかどうか
methods
properties
Functions
PopupItem.initialise(source, useFade, hideOnHover)
コンストラクタから自動的に呼ばれ、初期化処理を行います。
parameters
source
useFade
hideOnHover
Popup.getRect(src)
要素の位置とサイズを取得します。
parameters
element src 要素
returns
object left, top, width, height, right, bottom の各メンバから成るオブジェクト
Popup.isPtInElement(x, y, element)
指定された座標が要素の領域内にあるかどうかを調べます。
parameters
Number x x 座標(スクリーン座標)
Number y y 座標(スクリーン座標)
element element 要素
returns
Boolean 座標が要素の領域内にあれば true
Popup.sourceExists(source)
要素がすでにポップアップとして存在しているかどうかを調べます。
parameters
element source 要素
returns
Boolean 要素がすでに存在していれば true
Popup.reposition(item)
ポップアップのサイズに応じて、適切な位置に移動します。
parameters
element item 要素
Popup.add(content, source, hideOnHover)
ポップアップとして要素を追加、表示します。
parameters
element content 表示する要素
element source トリガー元の要素(位置の調整に使用される)
Boolean hideOnHover ポップアップ上でホバーしたときに非表示にするかどうか
Popup.remove(e)
ポップアップを削除します。
parameters
event e イベント
Popup.findPopup(content)
指定された要素が載っているポップアップを探します。
parameters
element content 要素
returns
PopupItem マッチした PopupItem
Popup.fadeOutProc(id)
ポップアップのフェードアウト処理を行います。removeChildWithFade() から呼ばれます。
parameters
String id 要素の ID
Popup.removeChildWithFade(node)
ポップアップをフェードアウトしながら削除します。
parameters
element node 要素
ResPopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
ResPopup.toNarrow(str)
全角文字で表記された数字を、数値型に変換します。
parameters
String str 全角数字が含まれた文字列
returns
Number 変換された数値
ResPopup.getCloneNode(src)
要素を複製し、いくつかの属性を削除したものを返却します。
parameters
element src 要素
returns
element 複製された要素
ResPopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
ResPopup.show(source, start, end)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
Number start ポップアップを開始するレス番号
Number end ポップアップを終了するレス番号
ResPopup.showExceeded(source, start, end)
表示域外のポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
Number start ポップアップを開始するレス番号
Number end ポップアップを終了するレス番号
IDPopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
IDPopup.getCloneNode(src)
要素を複製し、いくつかの属性を削除したものを返却します。
parameters
element src 要素
returns
element 複製された要素
IDPopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
IDPopup.show(source, id, popupOnBody)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
Number id ポップアップする ID
bool popupOnBody ポップアップを終了するレス番号
TrackbackPopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
TrackbackPopup.getCloneNode(src)
要素を複製し、いくつかの属性を削除したものを返却します。
parameters
element src 要素
returns
element 複製された要素
TrackbackPopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
TrackbackPopup.show(source, number)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
Number number ポップアップするレス番号
ImagePopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
ImagePopup.isImage(src)
対象の URI が画像かどうかを判別します。
parameters
String src URI
returns
Boolean 画像であれば true
ImagePopup.isImageGrotesque(index)
対象のレス番号にグロテスク画像への注意を喚起するレスがついているか調べます。
parameters
Number index レス番号
returns
Boolean 危険なレスであれば true
ImagePopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
ImagePopup.onClick(e)
click イベントを処理します。
parameters
event e イベント
ImagePopup.onError(e)
error イベントを処理します。
parameters
event e イベント
ImagePopup.resize(nodePopup)
画像のリサイズを監視します。show() から呼ばれます。画像のサイズが確定すると、ポップアップのサイズを調整し実際に表示します。
parameters
PopupItem nodePopup PopupItem オブジェクト
ImagePopup.show(source, href)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
String href 画像の URI
ImagePopup.pixelateShow(source, href)
画像をモザイク化してポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
String href 画像の URI
ImagePopup.blurShow(source, href)
画像にガウスぼかしをかけてポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
String href 画像の URI
UrlPopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
UrlPopup.isValid(src)
URI がサムネイル画像へのリクエストを発行すべきか判別します。
parameters
String src URI
returns
Boolean リクエストすべきであれば true
UrlPopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
UrlPopup.onError(e)
error イベントを処理します。
parameters
event e イベント
UrlPopup.resize(nodePopup)
画像のリサイズを監視します。show() から呼ばれます。画像のサイズが確定すると、ポップアップのサイズを調整し実際に表示します。
parameters
PopupItem nodePopup PopupItem オブジェクト
UrlPopup.show(source, href)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
String href リンク先の URI
VideoPopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
VideoPopup.getVideoSource(src)
URI から動画のプレビューのための正しいソース URI を取得します。
parameters
String src URI
returns
String ソース URI
VideoPopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
VideoPopup.show(source, href)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
String href ソース URI
Osusume2chPopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
Osusume2chPopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
Osusume2chPopup.show(source)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
RelatedKeywordsPopup.initialise()
イベントリスナを登録します。
RelatedKeywordsPopup.onMouseOver(e)
mouseover イベントを処理します。
parameters
event e イベント
RelatedKeywordsPopup.show(source)
ポップアップを表示します。onMouseOver() から呼ばれます。
parameters
element source トリガー元の要素
Objects
element PopupItem.container
ポップアップの親要素
element PopupItem.content
ポップアップとして表示する要素の直近の親要素
element PopupItem.source
ポップアップとして表示する要素
Boolean PopupItem.useFade
フェードアウトを有効にするかどうか
Boolean PopupItem.hideOnHover
ポップアップ上でホバーしたときに非表示にするかどうか
Popup
複数のポップアップをまとめて管理します。
Array Popup.items
PopupItem を格納した配列
Boolean Popup.initialised
すでに初期化されたかどうかを表すフラグ
ResPopup
レスアンカーと名前欄のポップアップを管理します。
IDPopup
ID のポップアップを管理します。
TrackbackPopup
逆参照のポップアップを管理します。
ImagePopup
画像のポップアップを管理します。
RegExp ImagePopup.regExp
画像の URI を判別する正規表現
RegExp ImagePopup.grotesqueRegExp
危険なレスかどうかを判別する正規表現
UrlPopup
リンク先のサムネイルプレビューのポップアップを管理します。
VideoPopup
動画サイトのポップアップを管理します。
Osusume2chPopup
フッタの「おすすめ2ちゃんねる」のポップアップを管理します。
RelatedKeywordsPopup
フッタの「関連キーワード」のポップアップを管理します。
Generated by JsDoc Toolkit 1.3.0 on Mon, 01 Oct 2007 17:02:20 GMT